<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

就職活動の採用   

ラッキーセブンオーディション(モーニング娘)で、採用者「0」というのは記憶に新しい。3月26日から「オーディション2005」が開催されている。

まず、第一次選考や第二次選考で、各会場毎に数千人から、数人に絞られる。
その「一定基準に達したとみなされる」数名によって、次のステップで比較・検討が行われる。
そのステップでは、モーニング娘。なら、プロデューサーであるつんく♂が立ち会うことになる。

ここでの重要な点は、既に大幅に絞り込まれた数名のうちから、最終決定者が採用を決めることである。

つんく♂が全ての応募者を観て決定するのではなく、合理的に満足できる応募者に対して、チャンスが与えられるのである。
会場も、いくつかのブースが存在し、いつくかの評価者・面接官が、発掘する。
面接官は、プロデューサーの意向を全て受け継ぐことはできず、一定の自由裁量の上、主観的な判断で作業を進める。
Aのブースでは不合格だったが、Bのブースでは合格できたかもしれないということである。

不公平感、不信感、あいまいが無いように、
 「明確な客観的基準」
 「主観的な判断ではないような採用決議方法」
が存在するのだろうか。

平たく言うと、藤本美貴は、可愛いか?、綺麗か?
オーディション閾値が「可愛い女性」という基準があったら、ある人は、不合格にするかもしれない。

実は、うちの会社の採用も、このような実態であった。
各会場に出席する面接官は、5年目以下の若手社員である。
彼らが、「一定の基準を満たしたと判断できる」とは思えない。その若手が判断した基準えあって、企業側が求める基準とは適合してはいないだろう。つまりは、不合格になった人は、「運が無かった」と言わざるを得ないだろう。

『その若手の感覚こそが、旧来からの文化を再構築し、新鮮な環境をつくるのだ!』と言うかもしれない。
設計者は、そこまで意図しているとは思えない・・・・。

「合理的な意思決定」というのは、そのようなLucky、Unluckyが付きまとう・・・。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-28 13:18 | namanamaコラム

「待つ」ことで失うもの   

「あのー、新しい携帯電話に、古い携帯のアドレス帳を移したいんですけど」
「はい、少しお待ちいただくようになってしまいます・・・。」
「どのくらい?」
「2~30分くらいでしょうか?」
「はい、待ちます。」

2ヶ月前に新しい携帯に機種変更し、まだ移管していなかった。よくこの携帯電話ショップを通るが満員の客数を見て、また今度、と通り過ぎる。

番号札を引くと「12人待ち」と掲示された。待つこと、予定の30分・・・・・。

呼ばれた人数、3人・・・・・。せっかく待ったので、もう少し待とうと、更に30分経過・・・・。自分の番号札まで、あと4人。

この1時間、いろいろな行為が見られた。

【ショップ側】
 ・人数の割りに、生産性が悪い。

   携帯電話1個購入するのに、契約書処理(フロー)が煩雑。
   システムのPCが数台しかなく、ブースを離れることが頻繁。
   1件1件、FAX送信・・・・。
 ・1ブース2名?
   人の入れ替えが激しいためか、研修中のような店員が、
   横に座って、うなづいている。何もしない店員が、多い。
【顧客側】
 ・待つことで、怒り気味

   番号札呼ばれたら、大きなため息をついて、立ち上がり、
   ブースに番号札を叩き置く。
   顧客がそんな姿勢では、すでに購入意欲も薄れており、
   顧客とのやり取りも、すでに「クレーム処理」の状態。
 ・せっかく並んだので
   よく聞いてみると、そこまで聞くか?というような内容を確認
   しているケースが多い。
   せっかく並んだので、5分で終わるよりは、30分くらいかけ
   て確認しておこう、と思うのかも。

携帯電話会社の販売店は、直営店はあまり無いようなので、仕方ないといえば仕方ない。末端の代理店まで、そんな細かい指導はできない。携帯電話会社の顧客は、販売店であり、実際のユーザーではない。携帯電話会社は本社ではなく、通常、「代理店営業」のようなところであるからである。

「待つ」ということが、どれだけ生産性を悪化させ、顧客対応を手こずるか、機会を失っていることに気づいてないだろう。

たぶん、
 「最近の顧客は、『俺は客だ!』のような対応ばかりで困る」
 「最近、携帯需要も飽和かな? 売れない。。。」
 「他社は、いいデザインで、売れるけど。。。」

と言ってるかもしれない。

「待たせる」ということの、遺失利益は大きい。

勿論(?)、私は1時間待って、帰りました。目的達成できずに。
この携帯電話もう辞めようかなーーー。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-26 22:48 | namanamaコラム

環境の変化への対応   

新規参入、業界改新ということで、「若手IT企業」が叩かれている。
野球も、TV業界を正面から「斬った」のは、正当性をもってでてきた人間である。
外から観ておかしなシステムも、内のものには「正しく」見える。それにより、内の人間は、現状のシステム均衡が崩れることを危惧するのは当然の行為である。

内部の人は、
 今の年収が維持できないかもしれない。
 若造が社内に入り込み、かき回されるかもしれない。
 長年培ってきた地位や忠誠が崩れるかもしれない。
 安定から激動になるかもしれない

つまり、H.A.Simon曰く、「不確実、比較不能、受容不能」からくる個人コンフリクトである。
 
突然訪れた「個人コンフリクト」の解決方法は、どうしても「否定」「拒否」反応してしまう。

それによりフジテレビ、ニッポン放送に出演するタレントの「出演拒否」は、なんとなく理解できる。
でも、このタレントも、もう少し「自信」をもって対処できないものだろうか。
彼らの影響力は、視聴者個人にも及ぶ。
巻き込まれている企業の従業員も口を合わせて言うかもしれない。

「私も、拒否する」と。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-25 12:32 | namanamaコラム

組織改正   

またうちの会社は、4月に大幅な組織改定を行うらしい。
大きな改革が必要だ! 
いつものように組織を変えよう!!

上が変わると、組織が変わる。変わるのは、いつもハコだけ。
部長なら、馴染みの深い部下を各課に配置し、組織を動かしやすいメンバーを揃える。あいつがほしいので、こいつをやる。
まあ、自分のやり易いように、組織を設計していくのが、まず上司のできること。あとは、野となれ山となれ。
おかげで私の名刺コレクションは、入社12年目にして、30枚をOVER。
部署名も変わるや、住所も変わったりする。仕事の中身はあんまり変わらないのに。

結局は、大きな改革は、「部署名変更」に留まるのが、いつものこと。

だから私は、信頼できる上司をつくり、この人と心中できると宣言しておく。
そうすると、何かに躓いたとき、悩んだ時には、声を掛けてもらう。

私の働くことへの、動機付け要因。
 ・ いい上司であること。
 ・ その人に認められること。

今は、これに尽きる。。。。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-24 18:11 | namanamaコラム

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?   

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学が、ビジネス書ランキングで上位に位置している。都内の図書館でも40件予約待ちという人気。借りてみようと思ったが、予約してまで待てないので、立ち読みした。内容は想像していた通りの内容であったものの、とても分かりやすく、納得のいく物であった。
最近こういう分かりやすい図書がでてきたというのも、「ビジネス」そのものが一般化してきたのだろう。

でも、私は、以前から気になっていたことがあった。
これに関連して、命題:「商店街の婦人服屋はなぜ潰れないのか?」
だって、
 ・毎日がセール
 ・おばちゃん1人で切盛り
 ・店舗が暗い
 ・でも何故か、馴染みのおばちゃんが居る
 ・有名ブランドでないのに、高い
 ・服のセンスが・・・・
 ・3年以上、そこに飾ってありそう

考えられることは、
 1. 事務所賃貸料がない。(経費が少ない)
 2. メーカーに返品が可能えある。(リスクが少ない)
 3. 家計の柱ではない。(おばちゃんの趣味レベル)
 4. 投資がいらない。(資産調達が不要)


だから、潰れない?
儲からないけど、売れたらその分、利益換算になっていく?
まだまだ知らないことばかり・・・。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-24 17:53 | こんな本が好き

何度でも? 3回まで?   

DreamsComeTrueの「何度でも」を聴いた。
吉田美和の微妙なダンスも好き。久々のアップテンポで、元気が出る!という評価も多い。私が、学生だったころから、ずっとDCT派である。
コンサートも先月行った。

でも、あの二人がどうしてひっつかないのかが気になる。
あれだけ同じ時間を過ごし、同じ意識で。

一般的な理論なら、結婚してもおかしくない。
 「やさしく見守っている」
 「お互いに信頼している」
 「意気も合っている」
 「同じ時間を多く過ごしている」
 「共通の目標がある」
 「忘れられない強い思い出がある」
 ・・・
でも、恋愛と仕事は違う? 
仕事仲間が恋愛に発展してもおかしくないでしょ。
本人にしか分からない未知の世界である。深い・・・。

さて、「何度でも」では、こう言っている。
 10000回駄目で ヘトヘトになっても
 10001回目は 何か 変わるかもしれない
 10000回駄目で かっこ悪くても
 10001回目は 何か 変わるかもしれない


私は、3回駄目だったら、4回目も駄目と諦める。
それに拘るよりは、次のものを探索するだろう。
拘りや一貫性は、他がモノが見えなくなるので、本当にそれに価値があるのか、無いのかを見失ってしまう。
だから、私は3回目くらいで、成功するほうに乗り換える。
後で、乗り換えたものに、正当性を導き、自分で納得させる。

それが俺流。。。
逃げ足速いだけとも言われそう。。。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-17 18:00 | namanamaコラム

失恋すると、髪を切る習慣   

それは、昔の女性は、操を守ることが常識であった。
守れない女性は、ばっさりと髪を切って尼さんになっていた。
尼さんになるしかなかったのであった。
女性にとって髪は大事なものであり、われわれはその意識を保ち続けていた。

現在では、その「失恋→髪を切る」という昔の風習を理解されているかは疑問である。

ただ、髪を切ることによって、外見、印象、洋服や化粧等、変化が生じる。
「あっ、なんだか変わったね」という周りの言葉が、その人にとって、変化した、Newな自分がそこにあらわれる。
自分を少し変えることで、日常の行動が変わり、言動、価値、意識も変化してくる。
新しい自分探しへと。

まずは、気持ちを切り替えるよりは、外見・環境を変えることが効果的。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-16 18:15 | namanamaコラム

任天堂DSとカップル   

喫茶店に行った。
カップルの隣に座り、タバコに火をつけた。
席について、吸い終わっても、カップルは一言も話をしていない。
それもそのはず、彼氏(のように見える)は、任天堂DSを真剣にやっているからだ。彼女は、その姿に微笑んでいるでもなく、じっと肩肘をつき、たまにコーヒーを口にしている状況であった。

ありえない!、彼女が可哀想と思った。

そこに2人で入って、彼女は暇をもてあましているのである。それは、つまりコーヒーを飲みにきた個人×2名であり、カップルとは言い切れない。
バーナードは公式組織をこう定義している。「二人以上の人々からなる共通目的のために意識的に調整された諸活動並びに諸力の体系」

いやっ、ちょっと待て、カップルといっていいかもしれない。
私から見ると、ありえないが、双方の価値がその行動が不愉快でなく、合意のもとであれば問題ない。
彼氏は、小さいことから、家族でレストランに行き小説を読む父親を見て育っていれば、彼の常識の範囲であり、嫌悪感はない。
一方、彼女も、「俺についてこい」っぽい、亭主関白?な父親を見て育っていれば、彼の行動に疑問は感じない。
双方の価値観が、共通化されており、うまくバランスが取れているとも言い切れる。

だって、彼女が嫌だったら、嫌というだろう。
でも、嫌!、別れる!と言うことが、H.A.Simonの言う、「組織を移動する知覚された願望」「組織を移動する知覚された容易さ」という関数のもと、発言や行動の抑制につながっているのかもしれない。嫌だから、一緒にいたくないという感情も、「年齢・年収・考え方・過去の思い出・1から恋愛する忍耐力・別れの苦しみ等」との差引超過分を見て、葛藤しているのかもしれない。

外からは、本質を見極めるのは、難しい。

でも、本人に聞いても、そういう感情を導き出すのは、難しい。
それが、子供の頃から習得した「当たり前」や「価値」が、自動的にそう動いているのである。
なんでそう動いているのかは、そう考えて行動しているのではないような気がする。

二つの価値観が調整されるメカニズム、・・・・深いはなしだ。

ここで一曲。

ふたつの心(尾崎豊)

見つめ合うだけの暮らし
心の鼓動が寂しさ塗りつぶし、今日を 温め合うよ
ふたつの心、ふたつの生き方を、重ね合うから
君は時々 涙を、僕は ため息を零すけど
二人求め合い暮らしてゆけるさ
夜明けまでずっと抱きしめ合いながら

[PR]

by namanama100 | 2005-03-15 09:29 | namanamaコラム

平成17年度時間割   

平成17年度の東京都立大学の経営学専攻授業時間割がホームページにアップされた。

16年度より異なった点がある。
1. 教科が増えた。
 減ってはいないものの、3つくらい増えている(ゼミ除く)。
2. 昨年大勢で受講した教科が分散されそう。 
 特に、(土2)会計学特論は、激減必須か・・・。
3. あまり迷う余地はなさそう。 
 どっちにしようか?とか迷わないと思う。 

後期単位が全て認められれば、36単位達成で、卒業認定単位を超えている。4月からは、ゼミ以外で学校に行かなくても、修士論文が認められれば卒業できる。でも、こういう時間割と眺めている時間が一番楽しい。

①会計に乏しい私は会計を受講して知識を積むか。
②卒論作成に向けて、充電しておくか。
③興味のあるものを、昨年度同様片っ端から履修するか。

家にいると、先日TV映画のように懐かしの「酔拳(ジャッキー・チェーン)」を必死に見ているような日々が続くようなきがするので、②は無いだろう。
この春休みの論文進捗しだいかな。
現在春休み、(論文13本)+(書籍の半分×2冊)をやっと既読・・・・・・。始めのダッシュは良かったが・・・。
実は、「朧月夜の宴」が手強く、他のことが余り進んでいない・・・・。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-14 18:26 | 大学院

31+1=30代?   

歳をとった。
30歳は、なんとなく20代からのステップアップという気分であった。31歳は、その延長という気がしていた。
32歳になった今、やっと30代という実感が沸いてきた。
思いのままの行動ではなく、少し目標を絞って、動き出そうと思う。

さて、勉強会でこんな課題がでた。「Organizations」3-4章を読んで、
「自分はなぜよく働くのか、なぜよく働かないのかを事例として分析してください。同様に、自分はなぜ今の会社に勤めているのか、やめるとしたらどういう条件の下でか、具体的に考えてください。」という課題が出た。

深い命題である・・・。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-14 00:59 | namanamaコラム