凄いのか?、弱いのか?   

我が広島カープが、日本ハムに3連敗。 打てない。。。

そんな3連戦の中で、ルーキー、ダルビッシュが衝撃デビュー戦を白星で飾った。
西武の松坂以来の高校生ルーキー初先発の勝利のようだ。

たしかに、両者とも甲子園を沸かせ、プロ球団に入団。
実力は認めるところであるが、「勝つ」ということは、「0点」で抑えることではなく、相手より得点をより多く挙げたチームが勝つ。
どんないい投手が投げても、打線が打って点を取れなければ、白星は得ることができない。

ダルビッシュの8回3安打という実力も脅威であるが、3連戦で2点しか取れない広島カープの打線が弱いのか。
両方を見ておかなければ、彼の実力も正確に判断できない。

つまり、広島カープは3連戦で合計2点しか取れていない。
ただし、2点は、ダルビッシュからのソロホームラン2本。
他の投手より、ダルビッシュのほうが、打てる!とも判断できる

でも、ダルビッシュ君、凄い。10代ですよ、10代。欲しい・・・。
[PR]

by namanama100 | 2005-06-17 13:36 | namanamaコラム

<< 経営者のミッションは役に立つ。 「有権者の印象」<「風邪引きの... >>