何度でも? 3回まで?   

DreamsComeTrueの「何度でも」を聴いた。
吉田美和の微妙なダンスも好き。久々のアップテンポで、元気が出る!という評価も多い。私が、学生だったころから、ずっとDCT派である。
コンサートも先月行った。

でも、あの二人がどうしてひっつかないのかが気になる。
あれだけ同じ時間を過ごし、同じ意識で。

一般的な理論なら、結婚してもおかしくない。
 「やさしく見守っている」
 「お互いに信頼している」
 「意気も合っている」
 「同じ時間を多く過ごしている」
 「共通の目標がある」
 「忘れられない強い思い出がある」
 ・・・
でも、恋愛と仕事は違う? 
仕事仲間が恋愛に発展してもおかしくないでしょ。
本人にしか分からない未知の世界である。深い・・・。

さて、「何度でも」では、こう言っている。
 10000回駄目で ヘトヘトになっても
 10001回目は 何か 変わるかもしれない
 10000回駄目で かっこ悪くても
 10001回目は 何か 変わるかもしれない


私は、3回駄目だったら、4回目も駄目と諦める。
それに拘るよりは、次のものを探索するだろう。
拘りや一貫性は、他がモノが見えなくなるので、本当にそれに価値があるのか、無いのかを見失ってしまう。
だから、私は3回目くらいで、成功するほうに乗り換える。
後で、乗り換えたものに、正当性を導き、自分で納得させる。

それが俺流。。。
逃げ足速いだけとも言われそう。。。
[PR]

by namanama100 | 2005-03-17 18:00 | namanamaコラム

<< さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 失恋すると、髪を切る習慣 >>