<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

先見の明(?)   

妻に「先見の明」があると褒められた。
あとは、やる気だけだと。。。

1. プロ野球球団の購入
 楽天やライブドア、ソフトバンクがプロ野球球団を買収する数年前。私は、「広島カープ」を買って、監督になると夢を語った事が在る。今の野球のセオリーは、ありきたりで、改革してやると、言っていた。 

2. 政治家に
 ホリエもんが、広島6区に出馬する以前に、「地元に戻って、広島5区に出馬すれば、補欠選挙あたりで当選しないかなー」ともらした事が在る。

3. 「踊る大走査線2」に学ぶ?
 踊る2を映画館で見た帰り道で、「なんか『組織論』で習った事のようなことばかり台詞に出ていた。これくらいの台詞やストーリーだったら、ワシでもかけるワイ」と。
「モーニング娘の組織論」(大学の卒業論文)に続く、「踊る大走査線2に学ぶ組織論」でも書けると豪語した数年後の今年「踊る大走査線に学ぶ組織論入門」という本が出版された。

a0026315_11517.jpg

少し悔しいが、かなりうれしい。。。。(^^;
[PR]

by namanama100 | 2005-09-30 01:17 | namanamaコラム

「私の愛した自民党」、という言葉   

今月末には、たくさんの仲間が退職していく。
3桁に達する見込みであり、今年に入ってからの累計は、10%にも上ると予想されている。

リストラではなく、自ら離職したメンバーである。
会社はリストラは一切していない。

離職するメンバーは、起業するとか、キャリアアップなどという「上向き」の意識は、少ない。
早く、この苦痛から逃げたいというのが、ほとんどであり、「逃避」意識に近い。

話題の広島6区亀井静香が選挙中に言った言葉を思い出す。こういう人が離職した。

「今の自民党は、私が愛した自民党ではない。改革ではない、破壊だ。」

経営陣が一掃し、経営サイドの考えや行為が、今まで付き合ってきた会社と乖離することが最も大きい原因であろう。残ったメンバーは、「それを理解できている人」と「理解できないが、いる人」。

私は、嵐が去るまで、ココで退避している。
嵐を横で見ながら、ココで次の対応をどうしようかと考えている。

組合に参加してもいいと思ったのは、そういうところもある。
偽善的と言われるかもしれないが、「理解できない」メンバーの思いをなんとかつなげてあげたい。

だって、新しい経営陣も、10年以上の仲間も、皆、仲間だから。。。。
[PR]

by namanama100 | 2005-09-21 10:35 | 労働組合の副委員長の仕事

基本合意へ・・・   

新しい人事制度を2006年4月から導入するために、この2ヶ月間頻繁に労働組合と会社は協議をおこなった。労使協定上、どうしても労働組合の合意を得て、物事を進めなければいけない。

制度を変えると、給与面も大きく変動する場合がある。
「生活の安心」を考えると、制度を変えることは、反対するべきであろう。
労働組合としては、断固として闘う

でも、それをして何の得になるのか?、と我々は考えた。

考えた結果、基本合意して、その前にいい条件を引き出すことが得策だと。
1ヶ月のほとんどそのような前提条件を会社から引き出すことに費やした。
それによって、まれに見ない好条件を引き出すことができた
大きな成果だと思う。もしあの時、断固として反対していたら、今のような条件も引き出すことなく、「強制」の刀を経営側は振りかざしたかもしれない。

委員会で「基本合意」で承認を得た。
これからは、会社側と運用面で徹底的に協議しなければならない。

我々は、3,000名以上の代表で、組合員の生活をも考えなければならない。

港から船を出すのは、たやすい。
未知の海へ、どこに向かい、どの方向にいくかは、今後の運用次第。
我々は、会社と共に共進し、沈没することなく、航海にでていく。

これからが大変だ。
[PR]

by namanama100 | 2005-09-19 01:12 | 労働組合の副委員長の仕事

5年前、5年後には優勝すると思った理由   

5年前、本気で広島カープが優勝できると思っていた。

本当なら今頃。。。。。

1. 緒方 (8)
2. シーツ (6)
3. 金本 (7)
4. 江藤 (5)
5. 前田 (9)
6. ラロッカ (4)
7. 新井 (3)
8. 倉 (2)
代打  嶋、野村
[PR]

by NAMANAMA100 | 2005-09-16 21:47 | namanamaコラム

セルフアセスメントという制度   

1日かかってしまった、セルフアセスメント。

会社で、自分の能力を示すために、自らの実績や行動力を文書化しなければならない。
これが、職能=グレードを決定する指標になるようだ。過去3年程度の実績のあったものをもとに、作成。
3年分の棚卸の作業になる。

3年間を振り返りながら、過去作成した提案書や計画書、チェックリストなどを登録していく。
自分は、ITソリューション・インダストリー(営業)・ビジネスなどの役割に基づいてカテゴリを選別し、項目を記述。

1日かけて記述したが、まだ未完成。
これでグレードが決まるということなので、必死。。。

でも、こんなんでどうやって公平的にグレードを決定させるのか?

無理極まりない。
グレードを落とす根拠付けにしか見えない・・・。
[PR]

by namanama100 | 2005-09-09 17:52 | namanamaコラム

夕方からは多忙である。   

労働組合の打合せは、就業時間外に実施される。
ボランティア活動であり、手当てはない
毎日のように、人事制度や個別の問題を元に、組合内や人事部との打合せ。
さらに、他の組合組織との会合もあり、平日3~4日の夕方以降が潰れる。
先週も、金曜日以外は帰宅は深夜頃。
更に、追い討ちかけるように「冬香(アイルケ)」が死んだ。。。

で、修士論文は、、、、、困った。

何かを始めると、何かが疎かになる。
上司から研修への参加の推薦もあり、多くの時間を費やすこともある。

時間が欲しい。。。

修士論文は、絶対条件というのは理解しているが、時間が取れないという事実。
中間審査以降、1ヶ月間やらなきゃいけないリストは増すばかり。

苦しい時期である。
[PR]

by namanama100 | 2005-09-05 17:57 | 大学院

自慢の後輩   

a0026315_17494475.jpg
「平林里紗」という歌い手がいる。
彼女は、私の自慢の後輩
彼女の2ndアルバムが発売された。

彼女が会社を去って、4年以上も経ったのだ。
そう、彼女は、自慢の元後輩。

「やりたいことがある」と抜け出し、ここまで来た。
1枚目のアルバムから、ライブ活動も繰り返し、ここまで来た。
少しずつメディアにも取り上げられるようになってきた。
1st、2ndアルバムは少ない小遣いを捻出して購入。

こういう彼女を見ていると、いつも頑張れる
このまま続けて、頑張って、一つでも上を目指してほしい。
平林のためにも、それを見て頑張れる私のためにも。

そして、いい後輩をもった!と自慢させてくれ、平林!!
[PR]

by namanama100 | 2005-09-02 17:51 | namanamaコラム