2006年度行動指針   

我々労働組合は、7月初旬が1年の始まりである。
これは、定期大会(1年1回の代議員を集める集会)で
メンバーが変わることが大きい。
次年度(今年の7月)からは、多くのメンバーが卒業する。

暗黙のルールとして、2-3年が中央執行部の任期
なっているのである。

委員長も書記長も、3年目を終える予定であり、来期はいない。

したがって残るメンバーで来期以降は乗り越えなければならない。

だから、7月までに2006年度組合行動指針を作成しなけ
ればならない。
私が中心に作成しなければならないのである。

各社の組合の指針はインターネットで見る事が出来る。
どこも立派なビジョンや指針、具体的な行動計画等が記載されてある。

我々の組合も勿論、そのような記述はあるが、ここ数年、ほとんど変更を
していない。。。。

それは、会社の売上の数値や文脈を変更しているのみであり、word5枚程度
がつまならい文章に記述してある。

それではいけない!!

来年度は、私は組合の中心人物になることは決まっている。
(正式には選挙での立候補であるが。。。)

だから、出張中のAPAホテルで、こうして、過去の記述を参考にせず
記述している。。。(^^;

やっと1ページくらい記述できたので、休憩、、、愚痴??
[PR]

by namanama100 | 2006-05-11 22:03 | 労働組合の副委員長の仕事

<< 我が組合7不思議(その1) 「ネタ」と「生態行動学」 >>