転職か残留か?   

社員のモチベーションが低い。

過大な投資に対しての過大な売上予算。営業マンはてんてこ舞い。
それによって、過度な残業と、実績評価による成果主義。
新しく来た無能な経営陣への不平不満を言い、こんな会社は辞めてやると言う。
ボーナス支給後の7月が退職のピークという噂。

今日たまたま以前知り合いの管理職と会い、タバコ部屋で話をした。
彼は、「無能」と言われる新しい経営陣とは関係のない、以前から在籍する管理職の方
彼の不平の見解は違っていた
 「NTT社との壁は想像以上に厚い」
 「残業が多いのは、サービスが複雑なため、沢山の確認項目がある。」
 「今までの延長線と簡単に考えてはいけない。これを売るスキルが相当必要。」



・・・・・・、っ???


いつも若手から聞く「経営陣への不平」を漏らさなかった
「まあさっきの課題をマネジメントできていない経営陣が悪いとも言える」という前提つき。

古株の管理職は、新しい経営陣の批判をすると思った。
「予想する」ということが、いかに偏見をもつかを再認識した。

問題は、経営陣にあるのではなく、我々のスキルの問題であるというのも認識するべきであった。
問題をすり替えしているに過ぎないことを認識しないまま、「転職」「離職」を検討している方は、
少し可愛そうな気がする。

悩むより、考えよう。。。
[PR]

by namanama100 | 2005-07-20 00:32 | 労働組合の副委員長の仕事

<< 目指せ! ファシリテーター 中間審査用の要旨作成 >>